FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人文学は何の役に立つのか? - 道徳的動物日記

人文学は何の役に立つのか? - 道徳的動物日記

DavitRice : 2017/03/31 12:07:15
セルクマ
watermaze : 2017/03/31 13:10:35
自分の仕事の価値を他者に明晰に説明できないというのは他者を拒絶する「俺俺学問」なのでそれは滅んでいんじゃないかと
kenixi : 2017/03/31 13:23:33
強いて言うなら人生における深みが増す、、とかかな?
sakidatsumono : 2017/03/31 13:56:07
一般論より筆者の個人的見解が読みたい
monobako2 : 2017/03/31 14:12:17
リンハントの本は面白かったな。
sky-y : 2017/03/31 16:17:37
本当はブログに書くべきだけど手短に。自分の回答は「人や社会に関わる問題解決・意思決定のツールボックスとして人文学は役に立つ」です。また科学は「○○である」と言えても「だから○○すべき」と言えないです。
zetakun : 2017/03/31 16:44:57
近代哲学が認識問題を解決できなかったことが人文学の蔑視に繋がっているのかも/人文学は事実の集積ではなく、事実を手段として人間の在り方を了解することを目的に……というのは、やはり理解されるのは難しいか
arukam : 2017/03/31 16:47:24
表現の自由に一元化できると思う。表現や言論は役に立つかと言う問いに答えようとする時と同じ
vndn : 2017/03/31 16:56:06
役に立たない学問があってもいい、というなら、その考えを理工系に適用することで理工系学部の予算をもっと増やして欲しい。
kotobukitaisha : 2017/03/31 17:15:03
「哲学が何の役に立つのか?」という疑問に対しては「権利という概念は哲学の産物。哲学という学問がなければ権利という概念も存在してない」という答えが一番わかり易いのでは。
jmath : 2017/03/31 17:40:52
「役に立てようとして学問する/役に立つかどうか考えずに学問やってたら結果的に役に立ってた」という2つの違いを考えるにおいて、人文学は役に立つかと。
k-wacky76 : 2017/03/31 17:54:01
こうして文章を書いて意見表明出来るのは、人文学の先人たちの綿々と続いてきた努力の結晶の上に成り立っている。
n314 : 2017/03/31 17:57:02
逆に哲学とかに憧れがあるけどな。自分だったら「何の役にも立ちません」って言いたい。1000年後に世界を変えるほど役に立つこともあれば、本当に何の役にも立たないこともある。
makou : 2017/03/31 18:10:09
修むるは治むるなり、と。
Domino-R : 2017/03/31 18:11:09
そもそも日本においては教育予算の問題として始まってる以上、「役に立つ」とは(使う以上に)「金を稼げる」以外ではないので、人文系は「役に立たない」でFA。それでも維持する価値はあるかは別問題。
shibacow : 2017/03/31 18:12:36
社会学の発展は「植民地経営」の役に立っていたと言う話を聞いたことがあって、確かに異文化社会の理解には人文科学は有用だろうと妙に納得した。
otoan52 : 2017/03/31 18:13:34
役に立つかどうか、ではなく、少なくとも何にどんな影響を与えるのかについては自覚的であるべきだと思う。まともに研究をする限り、何にも全く影響も与えないなんて事はあり得ない。
Cryolite : 2017/03/31 18:19:31
「あなたの研究は何の役に立つんですか?」「過去,私の分野ではこれこれこういう研究がこれこれこういうことに役に立ちました.」「なるほど分かりました.で,『あなたの』研究は何の役に立つんですか?」
dizzdara : 2017/03/31 18:20:19
文系の学問が役に立つか論について、専門家の先生たちが正面から向き合わないのは腹が立つ。数学の整数論→暗号論を例に出す人もいるが、これは数学はむしろ自然科学だし
chroju : 2017/03/31 18:34:15
そもそも「(社会の)役に立つ」という考え方自体が哲学的、文学的だと思うのだけれども/学問自体は知識の体系に過ぎないので、それに対して役に立つか議論は必須とは言い難い。
astefalcon : 2017/03/31 18:34:21
基本的人権、近代民主政、法の精神、罪刑法定主義、租税法律主義etc。現代社会における当たり前の価値観、常識を生み出し(または発見し)、拡散・擁護してきたのは人文学だろう。つまり役に立ってるよ。
pon00 : 2017/03/31 18:58:21
例えば歴史。「政府が国民の支持を得るために、また事実を無視した物語を作るのに役に立つ」。まあ学問とは言えないか。
ryozo18 : 2017/03/31 19:07:40
事例がいい
shomotsubugyo : 2017/03/31 19:11:04
前半はちょっと誤解を生みそうだが、文学研究者は文学の有用性を測りたがらないなど、アメリカでの議論のところからオモシロ。日本で議論が進まないのは、科学史で人文学を対象にしない傾向が背景にあるのでは。
turanukimaru : 2017/03/31 19:17:01
プラトン曰く、政治学は「我々は具体的にどうあるべきか」を考える役に立ち、アリストテレス曰く、形而上学は「正しく定義し正しく議論する」役に立つ。私はプログラマなので形而上学は役に立つと自信をもって言える
cdr65820 : 2017/03/31 19:35:21
なんとなく日本の科学研究が衰退するのがわかる。。 / 堂々と文系が役に立たないって言っている人は教育学が役に立たないと思っているということでもある…
mouseion : 2017/03/31 19:36:19
元の意味の形骸化とか淘汰されたとかの意味での哲学は確かに意味性を持たなくなって無駄な学問に見えてしまう。それは日本だけかもしれない。日本はリアリストを尊重する社会構造であるので哲学は無視されがちだ。
toppogg : 2017/03/31 19:36:51
文章上手いなぁ。
sunayuki : 2017/03/31 19:37:07
過去の成果物をほじくり返して議論するだけでなく、現在何を生み出していて、今後(間接的にでも)どう役立てて行きたいのかという展望くらいは示して欲しい。そういう意味で、要不要はジャンルによる。
kowa : 2017/03/31 19:53:46
人々が重要だと思ったり、面白いと思うことを深く追求してその知見を広める。って役に立ってると思うけどなあ
serio : 2017/03/31 19:54:40
理系も同じだよ。ニュートリノ研究でノーベル物理学賞をとった梶田教授は、自身の研究が役に立つかどうかなんて考えてなかったし、役に立たないと言明した。http://news.livedoor.com/article/detail/10680876/
rag_en : 2017/03/31 19:56:56
「何の役に立つのか?」と考えるのは構わんけど、役立つ学問の強要は“正義や人のために科学を研究しているのではなく自身の興味関心のために研究をしている狂人たちなのだ”http://anond.hatelabo.jp/20170331011003の近似ぽい。
pongeponge : 2017/03/31 19:57:10
役に立つかどうかは知らんし趣味だ」と言い切ってもいいと思うけど
guru_guru : 2017/03/31 19:59:22
うーん…。鶏タマゴ問題のような気もするかな。
kjin : 2017/03/31 20:01:42
ブコメにもあるが「役に立つ」とは云々を対象にしてると思ってるので「役に立つ」を前提にしての言及がうまく咀嚼できない。でも引用部分だけ見た人が「逃げずにちゃんと答えろよ」と思っても仕方ない気もする。
blueboy : 2017/03/31 20:08:06
「役に立つ」は、お金を稼げるということ。そのお金(手段)で、何か(目的)を買う。音楽とか読書とか娯楽とか。これらは「役に立つ」よりももっと上の目的だ。/人文学は娯楽と労働の中間。労働が必要なのは下層。
ss-vt : 2017/03/31 20:14:54
そういう問いの立て方自体がそもそも妥当なのか、「役に立つ」とはどういうことか、なんてことを考えるのが人文学/ところで「人権思想は何の役に立つのか?」
dgen : 2017/03/31 20:18:17
新しいものを生み出すのではなく、既存の文献などを漁っているだけの受動的な学問をしている人は何の役に立つかなんて説明できないと思われる。
multiplex00 : 2017/03/31 20:22:25
人文字に空目して「そら役には立たんよなぁ」と思った
skythief : 2017/03/31 20:24:55
僕の知っている範囲では、人文学畑の偉い人は皆、真摯に「何の役に立つの?」という疑問と向き合ってる。向き合った結果が雑務の数々である。傍から見てると、そんなことより自分の研究に集中してほしいと思う。
tick2tack : 2017/03/31 20:25:11
小説を書いてるのは文学者じゃないんだから小説のこと言っても問いに答えてなくない? / もし問いそのものがおかしいならそれを指摘すべきなのにそういう態度を "正面から向き合って" ないとするのはよくわからんな
wktk_msum : 2017/03/31 20:40:52
内田樹には、一般庶民だけじゃなくて、リテラシーの高い同業者もイラついてんだねw/事例に挙げた内田樹の発言、ポジショントークにしか見えない
Fondriest : 2017/03/31 20:41:19
この話題の度に書くけど有用性は何かという問いは有用性の内部で完結しない。結局みんな自分勝手な「有用性」を前提にしているだけ。あとなぜ宇宙物理学、素粒子論が槍玉に挙げられないのか。投入される税金は桁違い
isakus : 2017/03/31 20:56:26
人文字に空目... と書いたら、既出だった。orz
Constantinopolis : 2017/03/31 20:57:30
役に立つかどうかを考えすぎると、それが研究の足枷となるおそれがある。例えば量子力学は今では半導体の設計に欠かせない理論だけど、量子力学の研究者は研究が何の役に立つかどうかなんて考えもしなかったわけで。
paradisemaker : 2017/03/31 21:01:56
human studies は人間理解を深めるための学問なので当然役に立つけど、その看板で行われている研究に税金を投入する価値がないものが多いのは事実だと思う。両者の違いは明確に分けて検討すべきかな。
interferobserver : 2017/03/31 21:06:07
学生時代所属してた研究室も、一見すぐ役立つとは思えないような研究してたけど、教授は堂々と「人類のため」と明言してた。本当に尊敬してる。
mshkh : 2017/03/31 21:08:45
まさにそのとおり.大学がおかれてる昨今の厳しい状況においては,内田樹の言うようなことは世迷い事とまでは言わないけど,少なくとも学者として真摯な態度とは言えないだろう
lazy-planet : 2017/03/31 21:13:43
自分たちの日常では考えたことのない事柄について、長い時間をかけてでしか得られない知識を誰かが身につけて解明してくれて、それを知る喜びを与えてくれていると思っています。人文学に限らず研究全般。
ueshin : 2017/03/31 21:27:06
認識が変われば行動も対処も変わるのだから、つまり人文学は社会のルールや行動を決めている。ポストモダン思想がいったこと。
sirocco : 2017/03/31 21:27:43
大江健三郎さんは、文学は人間についてのモデルを作る。未来の生のモデルとして役立つものを作ると言ってました。
andonut146 : 2017/03/31 21:32:11
派閥内の調整能力とか派閥内政治とかで生き残ろうとする場合に有用。
ustar : 2017/03/31 21:33:25
むしろ役に立てようとするかどうかの方が大事だと思われる
mahal : 2017/03/31 21:43:16
人文学そのものは明白に必要だと思うけど、実際のところ自然科学の智に長けた人がマルチタレント的に人文学を担って欲しいところ、学問の発達と高度化でそれでは間に合わなくなってるのが問題、な感覚も。
xvd385hsDdk : 2017/03/31 22:04:23
人文学は役に立つけど、人文学に進んだ人は役に立たない。サブカルはすごいけどサブカル女子がただのアレな人なのと同じ
clannad35 : 2017/03/31 22:18:52
研究で忙しい理系学生の私からすると,楽に卒業できる人文系が憎くて憎くて仕方ない.現場からは以上です.
kantei3 : 2017/03/31 22:20:43
何の役にも立たない。学問の多様性として認めたとしても、数はいらんから、東大以外にはいらない。
shimozun : 2017/03/31 22:21:58
野生解放は『動物の解放』から取ったのかな!すごーい!頭いいー!
akikonian : 2017/03/31 22:32:54
私立文学部卒です。毎度この手の話題が出るたびに生きててごめんなさいただ納品する報告書にそもそも日本語がおかしいと指摘される理系至上主義者よりマシと思ってます。
ginkuzuri : 2017/03/31 22:38:31
一般的には、娯楽の生産と、世界を把握する認識力の形成に役立つが、それ以外にも様々な役立たせ方がある。
arguediscuss : 2017/03/31 22:43:41
人文学とは何か?が先では/わからないことがわかるようになるのでモヤモヤすることがなくなります。とか。
uunfo : 2017/03/31 23:03:33
自分の学問の社会の中での位置づけを問われて即座に答えられないような研究者はだめでしょ。そんな研究者ばかりだから学問軽視の風潮が広まってしまうのだ。
tetora2 : 2017/03/31 23:04:12
「科学者が対応しなければならないのはトランプではない。 本当に問われているのは、彼に投票した人々のために科学に何ができるかということだ」人文学も同じだと思うぞ。役立つではなく何が出来るか?だろう。
bitscreen : 2017/03/31 23:04:36
「役に立つ」の定義の問題、というので終わり。/学問はそれを使いこなすにはそれそのものに対する深い理解が必要という点で家電製品とは異なる。自分にとって役に立つかどうかも、学ばないとわからない。
ohaan : 2017/03/31 23:10:55
学問は学んだ人自身の教養を深めて人生の糧にするモノであって、会社組織や実務で役に立つことはほとんどない。学問を無駄と思うなら高専か専門で技術を学べ。
laislanopira : 2017/03/31 23:21:08
社会にとって何が一番良いかを考えるのは人文学。科学技術や仕事のスキルなどは使いようによっては暴走して人を傷つける
pero_0104 : 2017/03/31 23:22:59
知識欲と役に立つがイコールであるのを前提に殴ってくる人と意見が合うわけないじゃないですか。役に立て方を見つけるのは別の人でいーよ。ヤクニタツって言葉はなんの役に立つんですか?歴史は予定じゃないよ?
tnishimu : 2017/03/31 23:43:48
どう予算が使われたのか非常に見えにくい、ロケット作るのに100億円必要ですとかそういうのが無い。 見合った予算なのかそうで無いのかすら分からないから必要ないと悪口言うくらいしか出来ない。
unagiga : 2017/03/31 23:45:51
役に立つとされていたのに、結果的にゴミになってしまった物は枚挙に暇が無い。しかし未来が完全に読める人など居ないのだから、出来るだけ可能性を広げる事、様々な試みが存在することが肝要だと考える。
supu6000 : 2017/04/01 00:04:16
極論的には、そんなに儲かるなら理系だって大学で研究やらなくてもいいじゃん!って話。研究は、企業か研究所でやればいいし、大学の先生は企業、研究所からの派遣でいいよね。大学生みんな研究に携わるわけじゃなし
in17minut : 2017/04/01 00:12:31
引用多し。読み返して自分なりの答えを見つけたい
h5dhn9k : 2017/04/01 00:35:38
科学や技術や社会は変化発展し得るけど、「人間」は変わらないからねぇ。
Yagokoro : 2017/04/01 00:39:24
残念ながら、奴隷制度が廃止されたのは奴隷の生産性が低かったからであって、哲学は関係ない。南北戦争に北軍が勝利したのも、工業力で勝っていたからである。要するに人文系は役に立たないゴミ。
and_hyphen : 2017/04/01 00:56:20
役に立つとはなんなんだろうと結構考えてしまう。
mofi-ass : 2017/04/01 00:56:50
人文学は何の役に立つのか?
houjiT : 2017/04/01 01:01:56
偏見剥き出しで書くと、人文系を腐す人ほどプラグマティックに考えてない感がある。己への批判精神を忘れ、自分の思考は実利に基づいているに違いないって思い込みばかり先走ってる
z3100 : 2017/04/01 01:20:42
[academic]
saqamoti : 2017/04/01 01:21:54
役に立つとは何かを先に問うべきだと思いますが、数学の基礎学力を問われずに入学できる大学が増え自然科学を学ばない人文学履修者が増え自然科学との乖離が最大となり、カントすら理解できなくなったのが今の人文学
yonoco : 2017/04/01 01:36:16
こういうテーマの時の、一種の仮想敵としての存在でしかないんだなあ、内田樹さんは。と本文と関係ないですが(;´д`)
hal9009 : 2017/04/01 01:36:54
エロ漫画と違って別に人文学を法律で禁止しようって話が上がってるわけでもあるまいにwつまりこの話は最初から「カネをよこせ」という話でしかないw
karinkon : 2017/04/01 01:45:38
?。社会内の利害の衝突や異なる価値の軋轢を上手に調停するのに自然科学はクソの役に立たないのは自明。人文系の突端たる歴史しか実績ある参照項がない。議論の余地があることにビビる
toshitiru : 2017/04/01 01:45:51
人文学において知れば知るほど足枷になるような「役に立たない」学知は価値の問題になる。学問に携わる問を大きなくくりのままで話しても拉致があかないのは確か。定義をきちんとすることといろんな人を知ること大事
Nao_u : 2017/04/01 02:17:10
「歴史的にどう役に立ったか」だけでなく、その延長線上で現在どう役に立とうとしているのか、は気になる
reijikan : 2017/04/01 02:23:20
文化であって、文明ではない、というのは答えになってない?
shinichiroinaba : 2017/04/01 02:46:34
“ピンカーの論的であるスティーブン・J・グールドをきっかけとしたピンカーとゴールドスティンとの馴れ初め”
CABAGIN2 : 2017/04/01 02:48:47
単純に「視野を広げるのに役に立つ」。理系の実験結果という影からの真理の推察ではなく、人間の真理(中身)そのものの取り扱いであり狂気に取り込まれない事が前提だが。逆説的な虚構の効果なら文学より神学では?
tsubo1 : 2017/04/01 03:00:44
もちろん役に立つのだが、役に立つの?という質問を発するような連中が期待するような形での役立ち方ではないので、メンドくさくて黙ってるのです。
uncorrelated : 2017/04/01 04:06:27
学費を払って学んで個人が得られるものが何か、研究・教育に公的補助を与える意義は何かと言う質問に、医歯薬系など技能や資格の習得に直結しない分野の研究・教育従事者はいつも回答に困っている。
youko03 : 2017/04/01 04:15:17
おもしろw
takah-jugem : 2017/04/01 04:25:21
この議論から逃げるは恥だし役立たず
tortoisetaughtus : 2017/04/01 06:15:31
まったく同意なんだけど、こういうこと聞いてくる人は「奴隷制を廃止に導いた」とか「道徳が向上する」って答えたところで満足するかね。と先回りして考えちゃうのよね。奴隷制の廃止が役に立つんですか? なんて…
IkaMaru : 2017/04/01 06:21:16
社会とは産業のことなのか? 金に換算できない社会貢献は存在しないのか? そんなことはないだろう
clamm0363 : 2017/04/01 06:23:38
学問が苦手な人は学ぶ事を苦痛と思う人が多く、学問を生業にするには相応の理由があると考える。だが、学者は知的好奇心から学問をしているのであり、趣味に近い。この断絶が役に立つ立たないの質問に繋がるのでは。
SasakiTakahiro : 2017/04/01 06:25:10
はっきり答えられるようになりたい。
Outfielder : 2017/04/01 06:42:40
例えば80年代後半数学業界のベイズ統計学の進展のときに90年代前半にはすでに確率統計の哲学の取り組みがありその成果が今のAI隆盛のベースになってる。多分今先端の哲学研究の実社会への影響が見えはじめるのも20年後
DeepForest : 2017/04/01 06:44:57
「学問が役に立つ理由」を真っ向から魅力的に論じた文章をもっと読みたい」同意。ちょっと前は基礎研究すら役立たず呼ばわりされてたが、役に立つかどうかは通常「自分にとって」だから他人に説明しにくいのだろう。
tadasukeneko : 2017/04/01 07:09:49
税金が投入されている以上,国民にとって有形無形に役に立つことを説明できないと。税金が入ってないならいいけど。
Cunliffe : 2017/04/01 07:25:03
私のやってた分野の場合、ナチの人種政策や日本の植民地支配の「役に立った」歴史があるので、やはり「役に立つ」とは何かという問は必要なんですよ。
hiroshe : 2017/04/01 07:59:45
社会の役に立たないものには価値がない、というような考えにイラっとくるのでは。
anguilla : 2017/04/01 08:12:44
役に立つと言い切れない分野もやっぱりありそう。
hkefka385 : 2017/04/01 08:49:39
ほんとに同意。文系も理系も国からお金を貰っている以上は何の役に立つのかは(建前でも)言えた方が絶対良い
ebmgsd1235 : 2017/04/01 08:55:26
「その見方はあまりにも中級知識人的で、セラピー志向で、キッチュで、センチメンタルで、オプラ的」、とはいっても価値に関する議論はそうやって皆で哲学することで社会全体の道徳的進歩に至るのでは。起源の共有?
possesioncdp : 2017/04/01 09:14:38
内田樹はいつも「今」どうなのかという話に応えることを意識的に排し、長いスパンでの理想を述べる人であり、別にそれは悪くないんだけどこういう人に政治問題などを語らせたメディアはぐう無能
BoiledEgg : 2017/04/01 10:04:13
だーじゅ先生が議論の枕でワンオブゼムとしてぶった切られていて笑った
sekreto : 2017/04/01 10:25:22
知る権利
orange_putting : 2017/04/01 10:48:46
役に立つ、立たないという言葉から考え直しですよね
sabro : 2017/04/01 10:52:56
役に立つかを考える時、現在の価値観しか基準にできないので、役立つかどうかだけで選別するとインターネットみたいに今までの価値観を変えるようなものが生み出せない
hiroharu-minami : 2017/04/01 10:53:41
本当に役に立たない・立たなかった学問(文系にも理系にもあろう)はどうなるのって気にはなる。役に立ったのは一握りの上澄みで役立たずの澱の方が多いのが学問じゃないかって思うけど。
nakami_midsuki : 2017/04/01 11:00:47
私見:人文学の社会的価値は「生きやすさの実践法」の探究にあるとのではないか~「人文学は何の役に立つのか?」(道徳的動物日記より)の議論に関する私見~ - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1096303 @togetter_jpさんから
sgo2 : 2017/04/01 11:05:39
理工学を「自分のためだけに」役立てるのではなく、「社会(他者)のためにも」役立てるよう仕向けるのも人文学や哲学の役割。無ければ自己中ばかりになるし、逆に(独裁などに)悪用もできてしまう。
na23 : 2017/04/01 12:17:29
役に立ったことについては忘れるか知らないかで、なかったことにして切り捨てようとする
caffeyne : 2017/04/01 12:35:16
素晴らしい文章でした。いつも叶わないなと思わされます。
hndkj : 2017/04/01 12:35:58
深い人間理解に人文学は必須。そして、艱難辛苦の絶えない人生を土台から支えるのは深い人間理解そのものだよ。
kent-where-the-light-is : 2017/04/01 12:42:32
“この記事でクリストフが論じていることの一つは、文学を読む習慣が普及したことは人々を道徳的にさせた、ということだ。例えば、アメリカで奴隷解放運動を支持する人を増やしてやがては運動を成功させた要因の一つ
Hi-Fi : 2017/04/01 12:47:35
“これこれこういう風に役に立つ”とか“このような点で有益”っていうのがまさに「そもそも役に立つとはどういうことか」ってことでないの?引用した内田氏のでたらめな開き直りにひきずられてない?
practicalscheme : 2017/04/01 12:56:00
金になる必要なんてないけど、役に立つかと問われたらその機会をつかまえて学問の魅力を思いっきり語って欲しいんだよな。何かの情熱に駆り立てられたから学問やってるわけだろうから。
rohiki1 : 2017/04/01 13:44:29
役に立つかどうか?という問いに対して、「はい、論破!」とスッキリしたテンプレ答えが欲しいわけじゃなくて、更に深くもやもや考える答えが欲しい。そういうのが良い答えであり、良い問いであり、良い対話になるかと
obsv : 2017/04/01 13:55:15
ここで引用されている人文学者が皆欧米人であることが、もしかしたら日本の人文学者は人文学が何かの役に立つと思ってないのではないかという疑念を抱かせる。だから誤魔化したり屁理屈捏ねたりするのかもしれない。
topbwoy : 2017/04/01 14:42:51
役に立つのかわからんことをやらせてあげられる社会は発展した社会
paravola : 2017/04/01 15:14:12
(なぜ聞かれるのか、聞かれて何が困るのか)なぜ「これこれこういう風に役に立ちますよ」ということを素直に示さないのか/人文学を軽視するドナルド・トランプ
arakik10 : 2017/04/01 15:30:40
わたしにもあるのだが「役に立つこと」への忌避の感情は、そもそも何に由来するのであろうか?知的な職業のはずなのに、強固な感情に支配されているようだ。
sayurishirose : 2017/04/01 15:33:13
役に立たないけど面白いよ、ではダメなのか
LeChatduSamedi : 2017/04/01 16:42:01
なぜ役に立たなきゃいけないのかがやはりわからず
chikusa_dog : 2017/04/01 17:08:49
その前に自分がやっていることが「学」と呼べるものなのか考えるべき。人文・社会科学は研究主体自体が観察対象に含まれる事をまず認識すべきなのに「役に立つ」を所与の価値とするなら「学」ではなく単なるお喋り。
dgwingtong : 2017/04/01 17:15:18
科学は役に立っているのだろうか?
mamezou_plus2 : 2017/04/01 17:30:54
良く判らんけど「豊かに成るから」では駄目なのか?難破した船の上の救命ボート上ではプログラマーも政治家も原子物地学者もその知識はほぼ役に立たない。しかし種として見れば色んな知識、認識、見解は多様性を産む
n_pikarin7 : 2017/04/01 17:36:56
主語がでかい
rekp : 2017/04/01 17:44:07
人間は生きてても役立たずだから猫を飼えという話?
p_inter : 2017/04/01 18:10:42
小学生くらいの子供に聞かれるならともかく文科省とかの役人にこのフレーズを言われるとイラッとくる内田氏の気持ちは理解できる。
mizukisonoko : 2017/04/01 18:26:05
“役に立つ学問 (内田樹の研究室)”
ijustiH : 2017/04/01 20:17:45
何の、が重要で、役に立つか、が重要でないなら、その学問はどこと関係するか、を述べればよい。関係する分野にとっては、いいか悪いかは別として、その学問は意味がある。
keiseiryoku : 2017/04/01 21:18:49
役に立っているかという問いがすでに非難を含んでいるようで、まともに受け答えしたくなくなる場合が多い。一応の回答とされる建前を唱えるのが嫌な人もいる。でも専門家は答えを準備しておかなくちゃ。
garage-kid : 2017/04/01 22:55:38
438
xevra : 2017/04/01 23:44:32
過去役に立っただろうし、今でもその片鱗が役に立っているのだろうが税金投入してまでやる事かどうか疑問。美少女アニメの解釈とか言う講義に税金投入されてる現実に皆怒ってるんだろ
nagaichi : 2017/04/02 01:37:04
本文よりブコメのほうが面白いな。人文学は情報を価値づけ示準づけるために必要な学問だと思われ。人間誰しも裸の情報を赤子のように判断しているわけではないはずでな。
HerrTomo : 2017/04/02 05:33:52
全く同感。実社会との結びつきを無視した学問は、単なる個人の趣味でしかない。「どう役立つか」を考えたくないなら、大学という社会機関ではなく、自分の家で勝手にやればいい
crapman : 2017/04/02 05:39:22
昔はともかく今の時代に、日本中の大学に大量の文学部が必要かと言われたら、こんなに要らないと思う人は多いだろうね
kondoly : 2017/04/02 09:27:24
意味とか役に立つかは具体的に挙げれる事例があるのかという程度の質問なのを読み解けない時点で人文学に適してないよね。反例の方はすぐに金銭に換算できるのかとしか想像できない自分を読み解く必要がありそう。
big_song_bird : 2017/04/02 12:21:41
旧民主党政権の事業仕分けでサヨク連中は、理科系の反論に「プレゼンがなってない。あれじゃ誰も納得させられない」って豪語してた。だからこういう疑問には、さぞかし具体的客観的な答えを出してくれるだろうw。
blueribbon : 2017/04/02 22:29:36
「アメリカで奴隷解放運動を支持する人を増やしてやがては運動を成功させた要因の一つは、ハリエット・ビーチャー・ストウの小説『アンクル・トムの小屋』が広く読まれたことであった。」
woykiakes : 2017/04/03 10:06:21
倫理とは一般に、役に立つことを否定する、もしくは忘れることによってこそ役に立つ類のもんだし
spiral : 2017/04/03 13:07:56
では、役に立たなければならないという基底にある価値観はどこから来たのか? 実践としての学しか求めないのであれば、いずれ行き着く先はトランプとかの側だろうに。
suquiya0 : 2017/04/03 13:27:56
思っていることは行動になりうる。価値観が形成されれば、価値ができる。
takehiko-i-hayashi : 2017/04/04 06:56:55
この記事に同意。私はこの問いは「アカデミアへの再分配は分配的正義の基準にかなうのか」という重い問いだと認識している。なので私はこの問いを軽くはぐらかすアカデミシャンが大嫌いである。
equilibrista : 2017/04/04 08:38:29
役に立たなくて全然いいけど自分のカネでやりたいよな
synonymous : 2017/04/04 09:51:25
自然科学の訓練と人文学の訓練は別物であって、マルチタレントなんかに期待しない方が良い。
gcyn : 2017/04/04 09:57:31
「金になる研究」だって、その研究が稼せげる金額全体よりずっと安い売り上げしか、直接には大学に渡し得ないんじゃないかなー。つまり所有してないし売れてないんだよ。何でかっていうと学問だから、って話で。
ncc1701 : 2017/04/04 10:02:43
別に人文学に限らず、「何の役に立つのか」と問われたらニュートンもファラデーもメンデルも死んだと思うよ。
kmiura : 2017/04/04 11:44:11
人文は言葉を作ったり定義したりして概念を調節している。考えるツール=言語はすぐ錆びちゃうから延々と磨いてくれているわけ。自分で考えようとしなきゃ関係ないツールだわな。逆に教育勅語的な世界では有害になる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Latest journals
Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。