FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英科学雑誌 日本の科学研究の失速を指摘 | NHKニュース

英科学雑誌 日本の科学研究の失速を指摘 | NHKニュース

katz3 : 2017/03/23 04:39:45
ケツを叩いて厳しくすれば何とかなるもんだ手法がどん詰まりに来ている
augsUK : 2017/03/23 05:25:10
大学が極端なポスドク依存になり、博士課程やポスドクの将来はどうでもいいとして使い捨てた大学の先生方の責任も大きいと思う。それをみた学生の懸命な判断の結果、博士進学数純減したし。
klaftwerk : 2017/03/23 06:28:59
まあごくごく当然のこと指摘されてるな
kmiura : 2017/03/23 06:40:45
予算は広く薄くって指摘はどうなったんだろ。日本の科学がダメになっても官僚は責任を取る必要ないしキラキラネームの補助金行政を5年おきに繰り返してムダな書類を研究者に山ほど書かせていれば生涯安泰。
rti7743 : 2017/03/23 06:48:40
不況でコイン産出が減ったのでビーカーに回す額を低くした結果、おいてかれるみたいな?
reijikan : 2017/03/23 06:56:10
大学に限って言えば、人が約1割減らされ、それでいて大学改革を急激に進めていて忙殺される。日本全体のトータルの研究時間は減る。当然の結果。まあこれからも改善することはないでしょうね。
rxh : 2017/03/23 07:16:02
当然の結果だよねえ。
emiladamas : 2017/03/23 07:17:16
"背景として、ドイツや中国、韓国などが研究開発への支出を増やすなか、日本は大学への交付金を減らしたため、短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面していることなどを挙げています"
lrgs1987 : 2017/03/23 07:38:56
現状のままとにかく論文の数を増やせとか頓珍漢な号令がかかりそう。
taturo-00 : 2017/03/23 07:43:41
んー 都市が成長しなくなって人口は増えないのにコインが減りはじめたから、専門家の数を減らして科学スライダーをいじった結果 って事かな
uchya_x : 2017/03/23 07:47:22
これって研究者を目指すなら、日本にいるのは不利って事なんだけどさ。負のスパイラルの入り口からだいぶ内側に来てしまったのでは?
kananta : 2017/03/23 07:48:23
経済成長してないんだから、投資を増やせるわけない。/国の予算の中では分配の工夫しか出来ないのだから、総量を増やすのは別の切り口が必要。
toppogg : 2017/03/23 07:49:01
だろうなぁ。。。。もっと予算出せよなぁ。私学助成金0にして。
lastline : 2017/03/23 07:51:16
お、誰が頼んだのかな
rekp : 2017/03/23 07:55:41
知ってた
kujoo : 2017/03/23 08:08:01
そらそうだ
ZOOZ : 2017/03/23 08:09:52
まぁなるべくしてなった感しかない。
elm200 : 2017/03/23 08:16:51
ここまではっきり言われてしまうといろいろ悲しいものがあるな。せめて米国留学する人の数だけでも増えていればいいのだが…。この際、国債を増発しても、教育にもう少しカネをかけたほうがいいのかもな…。
ophites : 2017/03/23 08:17:59
"米留学 学生数も減少"←大学側の人間でも、既に地位のあるエライ先生とかはここだけ切り取って「今時の若者が草食系で内向きだからいかんのだ~」とか言い出す印象。行政のみならず大学内にも精神論が根を張ってる。
madridNewyork : 2017/03/23 08:18:14
ネイチャーまとめ
samu_i : 2017/03/23 08:19:52
滅びる国
suzuxa : 2017/03/23 08:26:56
研究でメシを食える人間をもう賄いきれないくらいに日本が貧しくなってるから、そりゃ減るだろねと思うよ。
tym1101 : 2017/03/23 08:28:49
科学界では論文の質より量が重視されるんでしょうか?それとも、質が上がれば量も伴うということなのでしょうか。
peketamin : 2017/03/23 08:29:40
終わって来た
blue0002 : 2017/03/23 08:34:08
至極当然の流れかと。表紙は落合陽一くんですか
Baatarism : 2017/03/23 08:34:24
「日本は大学への交付金を減らしたため、短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面していること」が指摘されてます。
LO05 : 2017/03/23 08:35:09
最近科学とポピュリズムは折り合いが悪いから。でも大丈夫、アメリカとヨーロッパも日本の後を追ってますので
mame_3 : 2017/03/23 08:38:47
官僚や政治家が教育予算減らしてさらに「選択と集中」とやらでめちゃくちゃにしてるんだよね
shiro460312 : 2017/03/23 08:41:06
ノーベル賞を受賞した科学者が、口を揃えて指摘するのが、基礎研究に対する予算・支援の不足。 小泉改革で大学への予算が削られ、金になる研究だけが、企業からの資金提供でささえられている。
houyhnhm : 2017/03/23 08:43:32
あー、あの、日本の重点投資が完全にスカってるからなあ。バイオやコンピューター辺りで無駄な所に人数増やして消費してる。統計も検定試験増やされても幸せにならんし、ミニスパコン増えても使い手が増えとらん。
yuichi0613 : 2017/03/23 08:46:06
これはお金かければいいもんなのか、学術をめぐる風土を変えるべきなのか。目先はお金なのかな “「ネイチャー」は、「日本の科学研究がこの10年で失速し、科学界のエリートとしての地位が脅かされている」と指摘
houjiT : 2017/03/23 08:51:30
こんなんでも安倍のおやっさんは「企業に任せれば大丈夫」として研究機能を切り刻み、就職予備校に魔改造しようとしている。国際企業にぼこぼこに殴られてる日本企業にだ。ああ、ああ、嫌になる
oooooo4150 : 2017/03/23 08:53:02
本題とは関係ないところで落合陽一の表紙になんかわろた
palsy : 2017/03/23 08:53:23
こういうの見るの辛い
fujitaweekend : 2017/03/23 08:56:26
蓮舫のせいにしたいネトウヨいるだろうけど、実際は独法化のうねりのせいであってミンスガーは的外れな
humid : 2017/03/23 08:56:31
アルファケンタウリ一番乗り目指して巻き返して欲しいもの。短期的にも長期的にもハードルは高そうだけど。
laislanopira : 2017/03/23 08:57:45
21世紀に入ってからの内閣と財務省は腹を切るべき / これが日本社会や政府にスプートニクのようなショックとなって、大学政策が根本的に改善することを期待する
niam : 2017/03/23 08:59:53
研究者より事務の方が偉い。常勤の事務職は長く大学に勤務できる。研究者は、数年で入れ替わり立ち代り移籍する。事務の機嫌を損ねて仕事が止まると研究者は人生終わる。非効率だと思っても事務に従うしかない。
kurahito4 : 2017/03/23 09:01:24
首相夫人が名誉学長へ即位頂けると、予算が増えると聞いた
nephar : 2017/03/23 09:03:22
飯のコスト削る→飯作るコストも削る→飯食わなくなる(いまここ)→飯食えなくなる
zyugem : 2017/03/23 09:03:25
選択と集中だとか量より質だとか産学連携だとか物量戦略を間違えたところで頑張って結果,量でカバーされる質まで落ちてこれだよ。
gimonfu_usr : 2017/03/23 09:03:29
(http://megalodon.jp/2017-0323-0745-22/www3.nhk.or.jp/news/html/20170323/k10010921091000.html )
ncc1701 : 2017/03/23 09:06:04
いつまでも事業仕分けを諸悪の根源にはできないよ。費用対効果だの実利性だので学者の尻を叩くのは自民政権だって変わらない。
ss-vt : 2017/03/23 09:06:43
id:lrgs1987 「論文××本運動」とか超好きそう、現政権
cess : 2017/03/23 09:08:41
はい
SigProcRandWalk : 2017/03/23 09:08:47
ゆるやかにこの傾向は続きそう。現象としては、優秀な人の流入は止まりつつ既に居る人々はそのままそれなりに仕事してくので、個人的に困るという人は案外少なく、困るのは日本と言う国全体なんじゃなかろか
undercurrent88 : 2017/03/23 09:09:22
当面は無理でしょ。ポスドク1万人計画は失敗、それを見ていた学生は進学を躊躇する。結果大学の生産性が低下する。
ad2217 : 2017/03/23 09:09:43
なあに、論文は減ったかも知れんが、提出書類は増えているさ。
matsui899 : 2017/03/23 09:11:07
そりゃそうだ
rajendra : 2017/03/23 09:11:15
"ドイツや中国、韓国などが研究開発への支出を増やすなか、日本は大学への交付金を減らしたため、短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面している"
quick_past : 2017/03/23 09:12:59
無駄は切れ、最適化しろ、リスクは縮小しろ。が第一に口からでる経済的リアリストたちが言い訳できなくなると必ず出て来る「事業仕分け」。じゃあ今の政府にもっとお金出すように動いたらどうでしょうね。
Hanpuu : 2017/03/23 09:13:45
ノーベル賞をとった大隅氏の研究グループに支給された科研費は30年以上かけた総計で18億円。一方森友学園には首相夫人とのコネだけでポーンと9億円の国有資産を献上。財源がないなんてウソだろ。
ktkrme : 2017/03/23 09:16:12
科学はオワコン
itamae : 2017/03/23 09:17:09
まあそのあおりを受けてか、現中学生の年代だと、本当に優秀な人は研究職を目指さずに医師一直線ってパターンが多い感じがする
FirstMate : 2017/03/23 09:17:10
アメリカ留学が減ったのは、国内でも十分な研究ができるようになったという面もあるわけで、必ずしも悪い傾向ではないのでは。ただし、博士にコンビニのバイトをさせる国で科学が進歩するわけないのも事実。
scorelessdraw : 2017/03/23 09:17:10
なるほど、行政がらみはどこも同じなんだなぁ
nankichi : 2017/03/23 09:17:59
「ネイチャーは、日本は大学への交付金を減らしたため短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面していることを挙げている」美しいニッポンの為に首相にはこのコメントを受けて施策を打って欲しい
ystt : 2017/03/23 09:18:07
「その背景として、〔…〕日本は大学への交付金を減らしたため、短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面していることなどを挙げています。」/ 知ってた。
echorev : 2017/03/23 09:18:11
でも無理してまで科学に投資すべきかというと難しい問題である。無い袖は振れない
zeroset : 2017/03/23 09:19:26
そりゃそうだ、としか言い様がない。米百俵とか言いつつそれと正反対の政策を推進してきた小泉政権以来、延々と続く未来への投資削減の「成果」だ。
Nyoho : 2017/03/23 09:20:54
「現状のままとにかく論文の数を増やせ」いやもう出てますよ。上層部は馬鹿ですよね。
yukimurasama : 2017/03/23 09:21:25
「君たちは滅びゆく種族なんだよ」
atsupi0420 : 2017/03/23 09:22:51
科学技術軽視で予算は削減、研究者の処遇は悪化の一方、こういう外圧の報道で改善すれば良いのだけど・・・(反サイエンスな方の声が最近大きいし)
sadac : 2017/03/23 09:24:26
老人の生活が第一。
BigHopeClasic : 2017/03/23 09:24:42
河野太郎も「文科省と事務方の不可解な俺ルールはなくすが金は出したくてもないぞ」と断言してるし、まあ仕方ない。せめて親が子供をアメリカに送ればまだマシなんだが。
glu : 2017/03/23 09:25:30
エモい。
sai0ias : 2017/03/23 09:26:28
アメリカの予算案見てやべーとか言ってる場合じゃないレベルの日本。まぁ今更感あるけど、こうやって権威的なものに指摘されると多少は何かしら動くかな…?
Innovator00 : 2017/03/23 09:26:54
『世界のハイレベルな68の科学雑誌に掲載された日本の論文の数は、2012年が5212本だったのに対し、2016年には4779本と、5年間で433本減少しています』
AKIT : 2017/03/23 09:29:25
体感的には知ってた。国公立私立問わず年俸360万で若手研究者を1年単位で雇っては切り捨てる国だから。
airj12 : 2017/03/23 09:30:11
数字として表に出たのはある意味喜ばしい / 研究に身を投じる事のデメリットの方が目に付く世では分母が減るの仕方ない
pianopop_on : 2017/03/23 09:34:22
日本の悪しき伝統の部分がゴリゴリと影響し出してきているのでは
t_yamada8karad : 2017/03/23 09:35:29
研究費も少ないし、論文出版までのスピードが遅いし。。英語できない博士を量産している現状ではねぇ。
aodifaud09 : 2017/03/23 09:36:07
国力が衰えているんだから当たり前だわな。
takeishi : 2017/03/23 09:38:02
これだけ若者の人口が減って、国力低下するなって無理ですよ
You-me : 2017/03/23 09:39:06
選択と集中で対応しようとして失敗してるよとネイチャーに言われてるよ>文科省/どれが発展的な研究に繋がるかわからないからいろんな研究にお金出すのに、文科省はそれを事前に読めといい成果を出してないのに続け
mehori : 2017/03/23 09:39:16
科学に先に投資しないと、その実も刈り取ることはできないのに
momen40 : 2017/03/23 09:40:12
悲しい現実
Flymetothemoon : 2017/03/23 09:41:03
当然だし、別に問題とも思わない。
takaboujp1122 : 2017/03/23 09:41:59
政治が悪い。
respawn : 2017/03/23 09:43:34
ジャップはもうダメ
fatmonger : 2017/03/23 09:43:41
中心に立ちあらゆる面で国民の邪魔をする無能公務員を一括パージしないと、無駄金使って国民の士気も高まらないから、日本に未来はない。
equilibrista : 2017/03/23 09:44:14
別の方に向いてるんでしょ
monmon225197810 : 2017/03/23 09:45:10
小さいころから日本は資源がないからアイディアで勝負しないといけないみたいに教育されてきた身としては、不明な危機感を感じる。まあ、論文数は一つの指標に過ぎないんだけどね。
blueboy : 2017/03/23 09:45:40
参考となる過去記事 → 論文数の低下 http://blog.goo.ne.jp/toyodang/e/26f372a069cbd77537e4086b0e56d347   予算の削減 http://www.asahi.com/articles/ASJB05HD1JB0ULBJ00R.html  http://openblog.seesaa.net/article/435849849.html   http://j.mp/2fEFqBw
sakidatsumono : 2017/03/23 09:46:12
残当。知ってた。
Vudda : 2017/03/23 09:48:32
「2番じゃダメなんですか?」と言った人たちに感想を聞いてください
synonymous : 2017/03/23 09:48:39
さすがトランプ現象先進国
ichinotani : 2017/03/23 09:49:47
なぜ国外に景気よくばらまく前に、日本を支える柱に投資しないのか。ただ投資しても木端役人とぶら下がり大企業に食い物にされそうだが
kechack : 2017/03/23 09:50:06
界のハイレベルな科学雑誌に占める日本の研究論文の割合がこの5年間で低くなり、世界のさまざまな科学雑誌に投稿される論文の総数も日本は世界全体の伸びを大幅に下回る
zakinco : 2017/03/23 09:50:11
増やした軍事費を減らして大学の研究に回せ
y_sanagi : 2017/03/23 09:51:04
動画のサムネイルが ochai 先生
min2-fly : 2017/03/23 09:51:53
本業的には中身に反応すべきなんだが、表紙の@ochyai のインパクトが強すぎる(中身はさもありなん、という最近の傾向まとめでもあるし)
tackyv0o0v : 2017/03/23 09:52:37
日本がゆっくり死んでいく感じあるなぁ
hryshtk : 2017/03/23 09:52:43
日本頑張らないと。とりあえず渡米かな。
htnmiki : 2017/03/23 09:53:09
まあ20年も不景気やってりゃ
katsusuke : 2017/03/23 09:53:09
研究職がコミュ障の理想の職業みたいなってるのがポスドクが採用市場で価値が低い原因なので、コミュニケーション能力向上のためのカリキュラムを作ろう。採用市場でポスドクの価値が上がれば希望者が増えて万事解決
okbc99 : 2017/03/23 09:53:12
“日本では2001年以降、科学への投資が停滞しており、その結果、日本では高品質の研究を生み出す能力に衰えが見えてきている”それはそうとネイチャーの表紙がなぜかデスノートみたいである。
QJV97FCr : 2017/03/23 09:54:06
ちなみに特許出願数も10年間で2割減ってる。大学だけでなく企業の研究開発意欲もダダ下がり。
D_Amon : 2017/03/23 09:55:24
「ドイツや中国、韓国などが研究開発への支出を増やすなか、日本は大学への交付金を減らした」科学技術立国を目指すなら、教育と研究開発に資金投入すべきなのにな。「改革」と称して現場を忙殺した結果がこれだよ
bigburn : 2017/03/23 09:56:15
アメリカもトランプ政権が科学研究費をバッサリ切ってたから、中国の天下が来るのか…
milkya : 2017/03/23 09:56:56
表紙ww
nsd1 : 2017/03/23 09:57:05
種を蒔かなければ花は咲かない。
ifttt : 2017/03/23 09:58:09
ごめんネイチャー
hi_kmd : 2017/03/23 09:58:56
国内でもずっと指摘されてきた事で、この記事を「知ってた」って思いで読む人は多いと思う。研究と教育は、多様性の先に実りがあって、芽の段階ではどれが成功かわからない。文科官僚はそれを理解していない。
myrmecoleon : 2017/03/23 10:00:02
てか表紙が落合君なのか。
kagakaoru : 2017/03/23 10:00:11
“その背景として、ドイツや中国、韓国などが研究開発への支出を増やすなか、日本は大学への交付金を減らしたため、短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面”
katax1958 : 2017/03/23 10:00:21
STEM推進大統領が代わってアメリカがどうなるかも見物です。土建利権が大好きな人たちが予算いじってる限り、日本は衰退の一途でしょう。
hobbling : 2017/03/23 10:00:22
就職氷河期世代が研究の中心になってきたわけだからな。少子化じゃなくて研究者の採用枠が絞られまくったのが原因。
otihateten3510 : 2017/03/23 10:01:01
何でだろうね・・・(何もかも)
suzukiMY : 2017/03/23 10:02:15
http://www.nature.com/press_releases/nature-index-2017-japan.html http://anond.hatelabo.jp/20170323162129
Lat : 2017/03/23 10:02:24
文科省の役人はポスドクと同じカリキュラムを受けた人を採用にしたら良いんじゃないのか?ポスドクの人は研究者なので役人にするにはもったいないが役人を目指す人に同じカリキュラムを受けさせるのは有りだと思う。
naga_sawa : 2017/03/23 10:05:18
知ってた/政府は『教育研究に回す金は無い』の一点張りだし諦めよう
citroustone : 2017/03/23 10:07:23
学生の頃は研究者になりたくて大学に入ったけど、現場の様々な現実を目の当たりにして興味が失せた。
xevra : 2017/03/23 10:08:48
巨大な空母作ってる金を研究に回せばそれだけで解決するんだが、安倍もその支持者も軍事費の増強には余念が無いから日本の国力はどんどん落ちていく。安倍とその支持者が日本を壊している一例だ
zeromoon0 : 2017/03/23 10:10:02
大学の体制だけじゃなくて、研究職という存在が魅力でなくなったことも今回の結果の一因だと思うしまずは若者の理科離れをどうにかしないとヤバいというか予想以上に深刻になってるのが現状。
yem3399op : 2017/03/23 10:11:02
ポスドクの現状見て大学院に進学しなくなったとか、予算の削減、独立法人化などは様々な原因はすでに指摘されてるけど、外から言われたことを契機にポジティブな方向に進んでほしいね。
zenkaifc : 2017/03/23 10:12:11
国立大なんかは予算が毎年減らされる決まりだから人員も減るし研究時間も減る。報酬は少ない、基礎研究はやらせてもらえないっていう状態だから当然人材も集まらない。
fufufukakaka : 2017/03/23 10:17:23
落合先生がサムネイルに来てこのタイトルは変な感じ笑
pmonty : 2017/03/23 10:20:30
少子高齢化なので、この結果は仕方ないと思う。ただし、人口減とともに大学減らして一校あたりの予算キープしないと、すべての大学が沈んでしまうのでは。大学は(基本的に)職業訓練校ではないですよ。
yumu19 : 2017/03/23 10:20:42
元の記事読んでないけど、このニュースだけだと「日本が一番じゃないと気がすまない病」にも見えてしまう。他の国が発展してるんだから日本の位置が相対的に下がるのは当たり前じゃん。
kaeuta : 2017/03/23 10:24:37
日本の科研費は政府支出割合が少なく民間の支出割合が高いのだが、大学のアウトプット(論文・研究結果・輩出する研究者)の低質化により民間に利益をもたらしていない点が問題であり大学が変わらな過ぎるのでは
Tailin : 2017/03/23 10:28:43
博士課程の学生に給料が出ないのは日本だけ。民間企業において博士号がステータスにならないのも日本だけ(研究職であっても修士卒が多い)。金持ちしか博士になれない上に職務経験とみなされない。
aceraceae : 2017/03/23 10:29:35
予算獲得のためにあることないこと理由づけした文書書いたり、短期で成果ださなきゃなんなかったり、雑用がたくさん、落ち着いて研究できる環境がない。あと、米国行ってこそ、てのもそろそろなんとかならんものか。
ka-ka_xyz : 2017/03/23 10:32:03
ここ20年ぐらいの一連の大学改革の「成果」なんだよな。(舵を切りなおすにしても、また場当たり的にやりそうなのよな、文科省)。修士以上に行った人でこれ見て驚く人居るんかね
soret : 2017/03/23 10:36:14
ポスドク1万人計画で量産型ポスドクとして作られた身としては当然だと思うわ。こんな行き当たりばったりのアカデミックな世界に喜んで進む学生なんてレアキャラしかいない……
achakeym : 2017/03/23 10:36:45
そんなことよりnature index 2017 japanの表紙が良い
shu-mbw : 2017/03/23 10:38:32
ガチでやばい
POPOT : 2017/03/23 10:39:50
知ってた。そしてこの流れは確実にこれからさらに悪化する。
ono_matope : 2017/03/23 10:40:54
文科省と財務省は切腹で。
machida77 : 2017/03/23 10:42:51
競争力強化とか選択と集中とか、ことごとく裏目で、行政の支配と天下りが強化されただけの結果に。
morita_non : 2017/03/23 10:44:15
基本的には失われたウン十年のせいでもあろうけど、教育と研究に金を出さない政府。それを選んだ国民。つまり俺たちが悪い。
bfms350 : 2017/03/23 10:45:37
大学交付金が減少→短期雇用の研究者が増加→若手研究者の処遇が悪化→企業も博士卒人材を十分に活用できていない→優秀な人材が博士課程に進学しない→研究の質&量が悪化→…。負のスパイラルを断ち切らないと。
nuru_nuru : 2017/03/23 10:46:51
事実で押さえられているのは重要。
Yoshitada : 2017/03/23 10:47:13
今やってる大学改革って、結局、文科省の大学への「統制強化」の成果しか上がってない…というか、それが目的で、その点では「成功」してるのかもしらんが。
takah-jugem : 2017/03/23 10:49:31
科学研究の失速の指摘が、論文の絶対数比較という非科学的な点はいかがなものか。まぁ、研究者の人数で割っても失速してそうで笑えないが
jumone : 2017/03/23 10:50:32
大学の閉塞感、指導教員から漏れる不平不満の声。それで大学に残ろうとは思えないんですよ。
kaiton : 2017/03/23 10:51:53
独法化した小泉さんあたりからの自民党の政策ミスだと思う
africakennel : 2017/03/23 10:52:10
「学校サボってバイトしてたら成績がガクンと下がりました」くらい因果関係がハッキリした話。
japonium : 2017/03/23 10:52:46
問題は大学じゃ無く企業側が抱えて居た研究者だわな。つか落合を表紙に為るなんてブラックジョークにしても遣り過ぎだわ。
takahikonojima : 2017/03/23 11:00:09
『短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面している』←二十代後半まで学費払って利子付き奨学金借りてこういう人生になっちゃうもんだから,賢い頭脳をもった学生が大学院博士課程に行かな
Tomosugi : 2017/03/23 11:02:33
「賢明」を「懸命」と誤記するほど失速
drylemon : 2017/03/23 11:05:20
母校の国立大、教授、准教授らに学園祭でゴミ拾いさせてたそうな。所属研究室の准教授は仕事の采配下手でパンクしてたけど、それにしても大学側が投げてくる仕事もそれ教授にやらせること?があった気がする
rxon : 2017/03/23 11:05:49
表紙が徹夜で有名な落合陽一先生な件
phallusia : 2017/03/23 11:08:44
これは過去5年間のことなので、ここからはさらにその先。今も、研究・教育に大して関係ない仕事も増える一方。まあ、選択と集中が一番良くなかったと思うけど…/年収300万以下のポスドクとか誰がやるんだよとかも
north_korea : 2017/03/23 11:08:54
ちなみに中国に完全に抜かれつつあるよ。今は英語と中国語が読めないと最新の研究を知れない。
ariyake : 2017/03/23 11:09:26
そらそうよ
c_shiika : 2017/03/23 11:15:00
ネイチャー「ねー、ちゃーんと研究しようよ」
camellow : 2017/03/23 11:19:27
そらそうだろ
richard_raw : 2017/03/23 11:20:11
「日本は大学への交付金を減らしたため、短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面していることなどを挙げています。」
topiyama : 2017/03/23 11:20:12
もっと頑張れよってスウェーデンが日本にノーベル賞を授与する理由
Assume : 2017/03/23 11:21:43
選択と集中を掲げるのであれば、こういう批判を受けるような政策は取れないはずなんですが・・・ >特に、日本が以前から得意としていた「材料科学」や「工学」の分野では、論文の数が10%以上減っている
sierraromeo : 2017/03/23 11:22:51
河野氏がよく「無い袖は振れない」的なこと言ってますしこれは私見ではなく政府ひいては国民の総意だと理解していますが、齟齬があると言うなら希望はありますね。ただしアクションが必要ですし痛みも生まれましょう
ytRino : 2017/03/23 11:23:17
安倍が全部悪いみたいな人どこにでも湧いて不思議だ
kinbricksnow : 2017/03/23 11:25:22
“背景として、ドイツや中国、韓国などが研究開発への支出を増やすなか、日本は大学への交付金を減らしたため、短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面していることなど”
sekirei-9 : 2017/03/23 11:26:02
20年後の日本は暗いな…
oshisage : 2017/03/23 11:27:10
どこもかしこも予算が減って…。税金は何処に行ってしまったのか。
mongrelP : 2017/03/23 11:27:32
ドクター以上にちゃんとお金が来るようにしないとダメやろとは思う
longolongo : 2017/03/23 11:28:25
国は違うと言うけど、データを見れば明らかなように国立大学法人化は財政支出削減と天下り先の確保だからね。そりゃ研究費は減る。喰っていけないのに研究に励めとは言えない。大学の研究の弱体化は国策なんだよ。
tyoimari : 2017/03/23 11:31:00
来月も席があるのかと考えながら研究するのは無理なので
Miyakey : 2017/03/23 11:32:43
森友学園にお金出してる場合じゃないね。QT:英科学雑誌 日本の科学研究の失速を指摘 | NHKニュース
babi1234567890 : 2017/03/23 11:33:49
人もお金も時間も削られてこうならないはずがない
doopylily55 : 2017/03/23 11:34:26
未来への種もみまで食ってるようなもんだからな
yukimamafx : 2017/03/23 11:36:53
70歳以上の老人の湿布に年間1000億円使うとか無駄なことやめて、必要なことにお金を回さないと。高齢者の年金をカットして、窓口負担を増やして財源確保しないと国が滅ぶ。 英科学雑誌 日本の科学研究の失速を指摘 | NHK
naqtn : 2017/03/23 11:37:35
参考(同日のネイチャーのオンライン記事): http://www.natureindex.com/news-blog/the-slow-decline-of-japanese-research-in-five-charts 5つのチャートで見る衰え http://www.natureindex.com/news-blog/what-price-will-japanese-science-pay-for-austerity 給与の話
mythm : 2017/03/23 11:40:11
しってた
tom201410 : 2017/03/23 11:44:21
あれ?この間河野ナンタラがBlogでここら辺の議論を(特に研究費に関して)していなかったっけ?あちこちポジショントークばかりでよくわからん。
estragon : 2017/03/23 11:45:15
最低でも5-10年に一度は、政策と効果を定量的に評価して、政策を見直してほしいねぇ。年度予算の数%程度の話だから、今ならどうにでもなる話と思う
nise-marina : 2017/03/23 11:47:27
こういう報道はけっこう見るけど、内部で声をあげている人は見たことない(ほぼ引退しかけた人が警句みたいに言うことはあるけど)。なにしてんの?
masfj : 2017/03/23 11:47:45
一番じゃなくていいらしいしな
kuzumaji : 2017/03/23 11:48:50
未だにこの国は無駄な利権に金ばっか払ってまともに後進を育てようとしてない。自分たちの世代だけ勝ち抜けようとしてる。そういうやつばかり上に立つ。ひどい構造だよ。
nakoton : 2017/03/23 11:52:22
さすがSTAP細胞論文載せた査読付き雑誌様の言うことは違うな
rusemoly : 2017/03/23 11:53:57
だって雑用だらけじゃない。
sds-page : 2017/03/23 11:54:02
20年も失われてるのにこのレベルで留まってるのはよくやってるほう
death6coin : 2017/03/23 11:59:43
亡国
lli : 2017/03/23 12:01:25
単純に科学より福祉の方が需要が大きいからじゃないの?経済への貢献と将来世代への間接的な投資であることをもっとアピールすべきよ。
wdoomer : 2017/03/23 12:01:32
日本の教授は、本業以外の学校の雑務を兼任しているのが多いのでは?
mnnn : 2017/03/23 12:05:21
サムネがおちやい氏でいきなり噴いたw
ChaiVor : 2017/03/23 12:05:51
最近のノーベル賞受賞者達が警告していた内容について、ここまでエビデンス出たのだからさっさと国会で議題の俎上に載せろや。
isaac_asimot : 2017/03/23 12:07:54
軍費は保険。リスクに応じて掛けるもの。科学はバクチ。当たればデカいがペイはしない。いずれも稼ぎに応じた適正範囲で(子供の給食費に食い込むようでは困る)/前者はGDPの2%が多いようだが、後者はどうか。
zuna : 2017/03/23 12:17:25
言葉がないが、ブクマせずにはいられない
haru-no-hajimari : 2017/03/23 12:18:39
河野さんいわく、もうこれ以上科学技術費?は増えることはないらしい。
doughnutomo : 2017/03/23 12:26:09
ふむー
pplaceCEO : 2017/03/23 12:27:21
周りのみんなも学術界に残った人は僅かで大半は企業に就職した。昔に比べたらPh.Dの人への企業の受け入れは多少あるように見えるので、民間でも力を入れられたら良いけど、本来国主導でやるべきだわな。
gabill : 2017/03/23 12:28:20
桃栗三年柿八年、基礎研究は数十年。毎年のようにノーベル賞をとるのが当たり前の今の状態は、そう長く続かないかも。
chuntanqui : 2017/03/23 12:29:46
むべなるかなとしか。失われたン十年しか知らない身としては、逆に軍需ブーストなしで日本がここまで来られたのが不思議でならない。
marisatokinoko : 2017/03/23 12:30:31
こういう分野はすぐ結果が出るもんじゃないから今対策しても上向くの10年後とか。それまでは下がる一方だと思う。
Red-Comet : 2017/03/23 12:30:57
トランプ大統領の例を見ても、極右は科学的思考が嫌いで個人の主観的な好みだけで決めるのを好むからね。日本の未来は暗い。
ta-c-s : 2017/03/23 12:32:01
まー今回も伝統芸の「足りぬ足りぬは工夫が足りぬ」でスルーするんじゃないですかねー(ハナホジ/今の流れは「福祉と子育て重視」だけど育った子に求められてるのは頭脳じゃなくて手足という印象なのよな
hiroshe : 2017/03/23 12:32:47
“ドイツや中国、韓国などが研究開発への支出を増やすなか、日本は大学への交付金を減らしたため、短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面している”
m_yanagisawa : 2017/03/23 12:33:41
アベノミクス…
pro_shunsuke : 2017/03/23 12:34:49
悲しみ
anigoka : 2017/03/23 12:41:56
科学力はありまぁす!
Kmusiclife : 2017/03/23 12:43:12
スタップ細胞はあります問題の影もあるね。
hfioajoakdj : 2017/03/23 12:43:34
生まれてからずっと日本ダメだと刷り込まれてきたから今更驚かねえわ
moccos_info : 2017/03/23 12:46:13
そもそも加速しそうな要素がひとつも無い
tomotsaan : 2017/03/23 12:49:32
コメントが批判一色なのがむしろ暗い気持ちにさせる。日本だけの話でないけど、こと基礎科学に関しては神聖視が許されていて、根本問題の「そこになぜ税金を使うのか」を真剣に議論する空気ができないのはなぜなのか
kuroaka1871 : 2017/03/23 12:51:24
“ドイツや中国、韓国などが研究開発への支出を増やすなか、日本は大学への交付金を減らしたため、短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面している”
blueday : 2017/03/23 12:52:26
ご老人を看取る事が何より大事! その後の事は知らん!つて話ですね(しろめ)。
motch1cm : 2017/03/23 12:52:54
米百俵の精神はどこに行ったのやら…
cancamayum : 2017/03/23 12:55:44
悲しいとか通り越しましたレベル。
hyoutenka20 : 2017/03/23 12:56:51
科学研究だけじゃなくて経済も人口も全部失速してる国なんだから当然としか…埋蔵金とか大胆な予算組み換えとかで財源を生み出すのが無理なのは、最後は消費増税まで決めた民主党政権でわかったはず
isshoku : 2017/03/23 12:58:50
この流れはもう止まらないと思っています
ya--mada : 2017/03/23 12:59:25
読まずに※。国研独法化からなので、自分も2002年で前期課程で修了した理由もこれだし。
Yagokoro : 2017/03/23 13:00:56
みんなデフレが悪いんや…。
Domino-R : 2017/03/23 13:01:59
国内でカネが出ないなら米国に行って研究すればいいのだけど、それも減ってるということは、要するに研究したくないのよね。研究職に対する国内の評価が低いんだろうね。
hisamura75 : 2017/03/23 13:02:29
東芝が「中国に半導体売りたくない」っていうじゃん。そういうカードを何枚持てるか、がつまるところ人々の暮らしを豊かにするんだよ。技術立国はもうダメだとか言うけど、勝手に降りられるゲームじゃないんだ。
fujibay1975 : 2017/03/23 13:08:16
といった特集なのに、ネイチャー誌の表紙を飾ったと落合陽一を持ち上げる。科学報道の貧困さも問題があるよね。
sasaki_juzo : 2017/03/23 13:09:48
日本スゴイですね…
shimokiyo : 2017/03/23 13:10:23
科学技術の成果と官僚・政治家の利害関係が一致してないから、予算が来ない上に国レベルで成果を挙げる気にもならんだろ。
keloinwell : 2017/03/23 13:14:39
毎週出てくる論文の著者名を眺めてるとより如実に気づく。この流れが変わってほしいとは思うけれど・・・。
sampaguita : 2017/03/23 13:17:31
"急速に留学生の数を増やしているのが中国" "昨年度は32万8547人と、アメリカへの留学生全体の31.5%を占め"
oakbow : 2017/03/23 13:17:53
結局これも金に尽きるんだよな。お金がもっとあれば…と。
cleome088 : 2017/03/23 13:23:01
氷河期世代は捨て石になる覚悟はできてるからホントこの辺潤沢にしてあげてほしい。俺ら働けるの後20年あるかないかだから早めによろしく。
windish : 2017/03/23 13:32:59
日本はほんとに没落しつつあるなあ。アメリカも研究費を減らすみたいだし次の覇者は中国なのかねえ。
deep_one : 2017/03/23 13:33:20
そりゃ予算削られてるからな!
wiz7 : 2017/03/23 13:39:34
海外へ出てやりなさい、というメッセージかと深読みしたくなる。解体かな
SUZUSHIRO : 2017/03/23 13:42:59
いつまで先進国ぶっとんねん、もうみんな疲れてるし休も
Nfm4yxnW8 : 2017/03/23 13:47:13
20年前の20歳は200万人いたけど2017年には120万人、20年後はさらに減って100万人以下。予算どうこうよりこれが一番効いてる気がする。優秀な人の数だって半減してる。「金があれば」ってのは近視すぎる。
kuenishi : 2017/03/23 13:47:36
https://www.natureindex.com/supplements/nature-index-2017-japan/index
tekimen : 2017/03/23 13:54:30
本来必要なその金は社会保障に使わざるを得ないって本当に末期的な状況ですね
maru624 : 2017/03/23 14:01:21
国政選挙すらない国が軍事科学No.1っていう絶望感は中国人自身も含めて世界規模であるような
Outfielder : 2017/03/23 14:07:17
社会保障系予算を削って大学教員の給料アップに当てろ感
m6g2u6es : 2017/03/23 14:07:40
国力が目に見えて衰えてきている。。。会社の倒産前の雰囲気に似ている。
fujii_yuji : 2017/03/23 14:08:14
うーむ。ニュースの内容はまずい。しかし表紙の落合陽一さんかっけーなw
k82itrw6 : 2017/03/23 14:12:55
英国から日本の沈没ざまをとくと見よ!
Ingunial : 2017/03/23 14:14:11
一番いい解決策は中国かアメリカの一部になることだな
kenzy_n : 2017/03/23 14:16:53
落日の科学研究
KoshianX : 2017/03/23 14:18:58
製品で負けたあとは材料でも負けることになるのかねえ。イノベーションを牽引するのはこうした研究活動なのだけれども、日本人は頭のいい人が嫌いだもんな……。
hiroomi : 2017/03/23 14:26:19
”世界全体では80%増加した一方で、日本の増加は14%にとどまり、大幅に下回っています。日本が以前から得意としていた「材料科学」や「工学」の分野では、論文の数が10%以上減っているということです。”
Shin-JPN : 2017/03/23 14:33:57
文科の金の使い方は問題の根本ではない。どんな優秀な官僚でも100%無駄のない金の使い方など出来ないもので効率はどうやっても大差ない。明日の飯の種は今ムダ金をどれだけ使うかという原資の投入でしか解決できない
nisatta : 2017/03/23 14:36:42
…就業人口の推移とかと比較しないで意味理解できるもんなの?本文の「原因」にも少子高齢化が挙げられてるけど
yosukegatz : 2017/03/23 14:39:14
日本の大学で理系の博士課程に進んだって将来がないんだもの。ニンジンぶら下げないと誰もそっちいかなくなるよね。
ytakano : 2017/03/23 14:45:39
人工知能、IoT、クラウド、うっ頭が・・・
clannad35 : 2017/03/23 14:49:01
助教とか博士の先輩のあんなに大変そうな様子見てたら、誰だって進学したくなくなるんだよ…
ktakeda47 : 2017/03/23 14:52:31
"2001年以降、科学への投資が停滞しており、その結果、日本では高品質の研究を生み出す能力に衰えが見えてきている"
ikoishy : 2017/03/23 14:52:34
文科省解体して民間の資金入れるか、科研費増やすか。
ijustiH : 2017/03/23 15:00:00
大学改革が大好きな馬鹿の評価をきちんと落としてくれるいい紹介かな。
arisane : 2017/03/23 15:08:09
大学改革だったり、人員削減で事務仕事を教員が担当することになったりと、研究する時間が減らされていた印象
fukken : 2017/03/23 15:12:48
知ってる
ttop : 2017/03/23 15:15:45
諦めろ
calibaby : 2017/03/23 15:26:48
影響が早速出てきてるんだね。→“ドイツや中国、韓国などが研究開発への支出を増やすなか、日本は大学への交付金を減らした”
ShimoritaKazuyo : 2017/03/23 15:38:14
英雑誌に指摘されてNHKが報じて、尻に火がつく?んなこたあないよな。
richmoneygold : 2017/03/23 15:41:30
これから労働者人口が減るので、さらに研究論文が減るかも。個人的には、団塊世代の後人口が減り続けていますが、それでもよくやっている方だと思います。
mandrakenao : 2017/03/23 15:42:54
失速してるのは科学研究だけかな
bitgleams : 2017/03/23 15:46:54
近年ノーベル賞を受賞している日本の人々は、昭和の時代の人だからなぁ……。
anguilla : 2017/03/23 15:46:59
前からずっと言われてるよね。
BUNTEN : 2017/03/23 15:50:08
金は出さないのに成果を出せという政府の言い分が無理ゲーであったことが証明された。orz
akupiyo : 2017/03/23 15:55:54
優秀な人はそとにでれるからね。
nisisinjuku : 2017/03/23 16:25:05
気づいたのなら対策を打つとイイんじゃないか?科学者なんてのは放っといて生えて来るもんでもないしさ。(興味の喚起や、国、企業、個人、クラウドファンディングなどの衆人からの集金なのかやれることはまだ有る)
YukeSkywalker : 2017/03/23 16:37:39
みんな貧乏が悪い。
kana0355 : 2017/03/23 16:41:16
これ,文科省の責任じゃなくて,財務省の責任にしないといつまで経っても解決しない.
sisya : 2017/03/23 17:34:01
「なんの役に立つの?」という質問に代表されるような即物的な思考に支配されて20年あまり、失速するには十分な時間だと言える。20年で国民の思考がいかに貧しくなったかの表れだろう。
raitu : 2017/03/23 17:45:08
「日本では2001年以降、科学への投資が停滞」
rag_en : 2017/03/23 18:00:39
表紙(?)のサイキック感。
AFCP : 2017/03/23 18:18:51
元の Nature の特集号はこれ http://www.nature.com/nature/supplements/nature-index-2017-japan/ か。もしここから方針転換をするとすれば、何年くらいでこの損失を取り戻せるんだろうな……。
tanayuki00 : 2017/03/23 18:39:48
米国への留学生数:1997年度47,073人(国別1位)→2015年度19,060人(同9位)。一方、昨年度の米国への中国人留学生は328,547人!
mandam111 : 2017/03/23 18:41:09
余所の国に対してエラソーにほざく前にテメェらの国のテロでもどうにかしたら?クソBBCを抱えているクソイギリス人のみなさんよぅ
udongerge : 2017/03/23 18:52:08
うなぎが絶滅しそうなのと似た経緯を感じる。
h5dhn9k : 2017/03/23 18:54:28
あだだ…。
go-ryu-fu : 2017/03/23 18:58:25
ちょうど小泉内閣からだね。
Nean : 2017/03/23 19:02:49
文科省と財務省は御家御取潰の線で。
confi : 2017/03/23 19:09:11
この記事「日本は科学のエリート国家(だった)」とか「科学大国アメリカ」とか「01年から研究予算が減った」とか書いてるけどこんなの鵜呑みにして大丈夫?
egamiday2009 : 2017/03/23 19:14:23
こっちも同じくらいヤバイんですよ>“アメリカに留学する学生の数でも日本は減少の一途をたどっています。”
veyupastahugo : 2017/03/23 19:15:49
この本の表紙のアジア人は誰でしょうか?
xxgushaunxx : 2017/03/23 19:16:03
日本国内でも理系白書とかで何十年も指摘されてると思うけど、何も改善されてないんだな。
shima2tiger : 2017/03/23 19:24:39
教育にお金を使わない国は遅かれ早かれダメになるよ。個人の努力でどうにかなる問題じゃない
t_massann : 2017/03/23 19:29:58
文部科学省が大学に依頼する研究のための予算が減らされ、そのかわり防衛省の研究予算が増やされた
kyuusyuuzinn : 2017/03/23 19:36:14
以前、中韓の論文数の伸びについてバカウヨが「量より質が大事。ザコ論文ばっかり増やしても意味ない」とほざいていたが、このニュースが真実。質の部分でも日本の失速が顕著になってきている。
ktra : 2017/03/23 19:47:54
原因を単純化するようなブコメ群見て暗澹たる気持ちに。行政だけのせいではなく、民間の研究職の待遇の悪さや少子化、感情優先の人心等の複合要因。予算弄っても焼け石/中国の力の源は子供の絶対数。高齢化しても尚
marmot1123 : 2017/03/23 19:48:19
知ってた。だからと言って、科学者を目指すただの若造に何ができるというのだ。日本で学べることは学んで、海外で職を見つけるしかないじゃないか。
bros_tama : 2017/03/23 20:27:51
スティグリッツの提言は参考にならないかなと思った.インセンティブを税ではなくて市場で行えるような新たな市場,ルールを発明しないとっていう.
switch7 : 2017/03/23 20:32:09
??「はぁ?科学とか興味ねえ 憲法改正だー」
jmako : 2017/03/23 20:32:25
今日もある研究コミュニティで話していたけど、博士課程の学生が減りすぎなんだよね。東南アジアの中国の学生を大量に受け入れるのが一番いいんじゃないかと思うけどね。
ustam : 2017/03/23 21:01:43
ノーベル賞っていうのは、要するに過去の栄光だからな。これからは衰退の一途だ。君ら若いのは日本で生きていける可能性なんてないのに世界にも羽ばたけないとか終わっとるのお。他人事じゃないけどな。
paku7651 : 2017/03/23 21:11:38
これも、文部科学省と財務省が望んだ世界(政策の結果)なんだろうな。(政治家がきちんと官僚の動向を見られない上に、政治家を選ぶ国民も…。)
IGA-OS : 2017/03/23 21:32:38
予算絞って人力でナントカなるなら、こんな評価にはなっとらん。でも、そこに予算回せない現実。
tuka8s : 2017/03/23 22:00:20
理由は少子高齢化だけではないんだろうなぁ
taraxacum_off : 2017/03/23 23:18:27
"科学雑誌に投稿される論文の総数も日本は世界全体の伸びを大幅に下回る" "日本は大学への交付金を減らしたため、短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面していることなど
cybo : 2017/03/23 23:33:27
「経済政策で人は死ぬか?」という(不況時の)緊縮政策を批判的に論じた本があったけど, いわんや科学をや, だよなぁ. > 「2001年以降、科学への投資が停滞しており、その結果、日本では高品質の研究を生み出す能力に衰え」
Windfola : 2017/03/23 23:33:47
「デカくて一番の奴」じゃなく「普通の二番の奴」で良い、それで浮く巨額の金を人に回せという研究者の声は結局どこにも届かなかったんだな……
sawa_02 : 2017/03/23 23:37:13
"背景として、ドイツや中国、韓国などが研究開発への支出を増やすなか、日本は大学への交付金を減らしたため、短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面していることなどを挙げています。"
adsty : 2017/03/23 23:37:52
日本では高品質の研究を生み出す能力に衰えが見えてきており、長期的に研究に取り組める環境の整備が求められる。
charliecgo : 2017/03/23 23:45:26
もうダメだ...。前からダメだったけど。
pseudomeme : 2017/03/23 23:48:55
民主党の事業仕分けのときに「日本の科学が終わる!」つって大騒ぎしてた偉い人たちは今何やってんのかな
natsutan : 2017/03/24 00:06:14
中国にはとっくに抜かれてるよ
daybeforeyesterday : 2017/03/24 00:07:52
うーむ
aho_y : 2017/03/24 00:28:38
科学研究は先進国の嗜みです
letsspeak : 2017/03/24 00:43:15
目に見えないものも含めて科学研究の競争力が高いとどれくらい国益に繋がるもんなんだろう。倫理、経験則では教育こそ金儲けの下準備だとは思うけど
yasudayasu : 2017/03/24 02:48:14
日本からアメリカへの留学生の数は、ピーク時の97年度には4万7073人でした。しかし、2005年度に3万8712人と4万人を切って以降、大幅な減少が続き、2015年度には1万9060人、国別で9位。
boxheadroom : 2017/03/24 03:05:33
人間が一生に勉強できる量は限られるけど 今後AIが進化してスケールすると 「あ!これ進研ゼミでやったやつだ!」が組み合わせ爆発で発生するので 基礎研究が すげぇレバレッジ効いてくるのでは (適当
tsurzur : 2017/03/24 08:01:23
負のスパイラル
tetu1975 : 2017/03/24 08:04:53
景気が悪いと結局全てこうなるよね。失われた20年ってのは、こういうのを含めて考えないといかんのやろうね。ここから方針転換して持ち直せたら良いね。
wildhog : 2017/03/24 11:20:40
論文を書くAIを開発して大量生産出来ないか?メタアナリシス論文ならAIでかなりイケる気がする
mashori : 2017/03/24 11:34:19
そもそも科学技術軽視なアピールが国のトップから企業からメディアからほぼ全方位でやっててしかも興味ないだけに「金の無駄」て切り捨てる社会にしてきたツケだろこれは。技術/研究職環境が激変向上せん限り無理
georgew : 2017/03/24 11:42:16
アメリカに留学する学生の数でも日本は減少の一途をたどっています > 日本の大学に期待するのは無理と諦めた一方で留学数も激減だと万策尽きた感。言葉の問題やら4月入学・決算の問題やらガラパゴス病。
GOD_tomato : 2017/03/24 15:54:19
ドクターも雑用ばかりで全然自分の研究が出来てない。
mushioka : 2017/03/24 19:08:47
「長期的に研究に取り組める環境の整備が求められる」/これも文化なのかなあ。科学投資の停滞が直接の原因なのかもしれんけど。日本って何を目指していくんだろう?
fatcatcat : 2017/03/24 21:52:01
実験装置の使い方さえ教えず、放置して叩くだけ叩いて…そんな日本の研究室だから、失速なんて言葉はぬるくて、もう崩壊してるよ。現場は。
tmtms : 2017/03/25 08:21:39
"日本の科学研究がこの10年で失速し、科学界のエリートとしての地位が脅かされている" "日本は大学への交付金を減らしたため、短期雇用の研究者が大幅に増え、若い研究者が厳しい状況に直面している"
hatact : 2017/03/25 17:42:38
国立大は今までも、この先も数年で10~20%運営のための交付金が減らされている(≒人が減る)。教員が減っても教育への総労力は減らないので、研究へのエフォートが数年で10~20%以上減るのは今後も続く。
blueribbon : 2017/03/26 00:49:13
・科学への投資が停滞しており、その結果、日本では高品質の研究を生み出す能力に衰えが見えてきている ・米留学学生数も減少し、1994年度から1997年度にかけては国別で1位→2015年度は国別で9位
mobanama : 2017/03/26 15:44:54
さもありなん。数字に表れてからじゃ遅いので何人もの方が声を上げてはいらっしゃったが。南無。"長期的に研究に取り組める環境の整備が求められる"現状のままじゃ無理でしょ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Latest journals
Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。